定期的な検査が大切な肝臓がん|早期発見と早期治療で改善可能

ドクター

足の血管が浮き出てきたら

女性と医者

足のだるさに気付いたら

足の血管が浮き出てきたように感じる、足が常にだるい、足がむくみやすくなったなどの症状がある場合、もしかしたら下肢静脈瘤になっているかもしれません。下肢静脈瘤というのは足の血管の病気であり、静脈瘤というのは静脈がコブのように膨らんでしまうことを指します。基本的には良性の病気なので、急に悪化することはありませんし、命の危険はありませんが、生活の質を落としてしまうことが多く、早めの治療が必要です。また、稀に湿疹ができてしまったり、皮膚が破れ潰瘍になってしまい重症化してしまうケースもありますので、なるべく早く専門のクリニックを受診するようにしてください。日常生活に不具合をもたらしてしまう可能性があるので、早めに治療を開始しましょう。

10人に1人という割合

下肢静脈瘤は、40歳以上の女性に多く発症すると言われ、年齢と共に増加していく傾向があります。日本人では15歳以上の男女43%、30歳以上では62%もの人に下肢静脈瘤が認められていることがわかっています。また、出産経験がある女性の2人1人に発症する可能性があることも分かっており、実はとても身近な病気であることを知りましょう。遺伝性がある病気であることから、家族に下肢静脈瘤の症状がある人がいる場合は日頃から注意する必要があります。また、立ち仕事をしている人や1か所にずっと立ってあまり動かない仕事の人などは発症しやすいということがわかっています。目安としては1日10時間以上立っている場合には発症のリスクが高いということが言われています。