定期的な検査が大切な肝臓がん|早期発見と早期治療で改善可能

男女

定期的な検査が大切です

診察

病気の症状や 予防

肝臓がんは原発性肝がんと転移性肝がんの2つに分かれます。原発性は肝臓に直接出来たがんの事で、転移性は他のがんが肝臓に転移して出来たものです。この中でも90%が肝臓の細胞のがんで、肝硬変や慢性肝炎が多く関わっています。肝臓がんは早期のうちには自覚症状がほとんどない場合が多く、腹部膨満感や食欲不振・全身倦怠感・黄疸など症状が進んでから分かる場合が多いです。肝臓がんの原因になる肝炎ウイルスの感染の有無を知る事で、早期発見に繋がり早期の治療が可能になります。血液検査で簡単に知る事が出来るので、会社や地域で行われる健康診断など普段から定期的に検査をして自分で把握しておく事も対策の1つとなるでしょう。

多くの治療方法があります

肝臓がんの検査は、超音波検査でがんの状態や肝臓の状態、腹水の有無などを調べます。またCT検査やMRI検査で様々な角度からがんや肝臓の状態を検査していきます。血液の検査では腫瘍マーカーなどがあります。治療は肝臓がんの度合いによって変わってきます。肝臓の一部や全部を切除する場合や、免疫療・化学療・緩和ケアなど他にも様々な治療方法があります。治療を進めていく際には主治医と十分に相談をして、自分が納得のいく治療を行う事が重要です。また、最近ではセカンドオピニオンも可能なので、他の病院を活用して説明を聞き治療方法を選択するのも良い方法です。セカンドオピニオンは「主治医に対して失礼」と躊躇する人もいますが、最近では一般的に行われている方法であり気にせず利用しましょう。

ドクター

40代以上の方は要注意

男女関係なく発症されていると言われている病気が胸腺腫瘍です。初期の場合だと、自覚症状が感じられず、発見しにくい病気であるため、定期検診をきちんと受けておくようにしましょう。また、治療法には主に3つの種類がありますが、治療を受ける際には、医師と話し合いをしてから決めることが重要なります。

詳細

看護師

薬は重要になる

糖尿病の薬は、よく使われているもので数種類あります。国内で実際に利用されている糖尿病の薬は7種類くらいだとされています。この中から適切なものを患者さんの病状に合わせて処方していくことが現在の糖尿病における薬物療法になっています。

詳細

女性と医者

足の血管が浮き出てきたら

下肢静脈瘤は、足の静脈にコブができてしまう病気のことを言います。良性ではあるのですが、日常生活に支障が出てしまうことが多い為、早めに治療を開始しましょう。また立ち仕事などで1日10時間以上立っているという場合にはなりやすい傾向がありますので注意が必要です。

詳細